欲しいものがないけれど、何か買いたくなる、でもそれが何なのかわからなくて結局買わずにじまいの方へ

欲しいものがこれとは思いつかないけれど、雑誌やテレビのトレンド特集とかをチェックしてしまう。

トレンド特集をよく見てしまう。若いころにトレンドのものをチェックするのが当たり前だったからか、新しいショップがオープンしていればどんなお店が入っているのか、何が今トレンドなのか、とても興味がある。

雑誌でもトレンドのアイテムを特集に組んであるとすぐ買ってしまう。それなのになかなか購入まで至らない。いいな、すてきだなとは思うのだけれど、本当に欲しいのかとなるとまあいいかなと思ってそのままになる。

使う時がないし、似合わないかもしれないしというあきらめなのか、心底欲しいわけではないからなのかよくわからない。

気になるし、買いたい気持ちもあるのになぜ買えないのだろう。きっとこのまま今シーズンも買わないまま、トレンドだけ追っていくのだろうな。

欲しいものがないけれど何か買いたくなる理由

欲しいものが思いつかない、でも何か買いたい気がする。そんなことはありませんか?

いっけん不思議な感じですが、そこにはいろいろな理由があります。

  • いろいろ嫌なことがあって、買うことでそのイライラを解消したい
  • 頑張った証として何か残したい
  • いつもシーズンが変わるたび何か買っていたらから今回も買いたい

などがあげられます。

物を買うためにはお金が必要です。人が消費することで世の中は回っていきます。欲しいと思っている人がいるからその商品が販売される、そして買う。または何か新しいものが出てくるから欲しくなり買う。ニワトリが先か卵が先かです。

世の中で物が売られる時には消費傾向を判断し、その先も見据えて発売されているため、とにかく人の購買欲をそそるのです。

【関連記事】

▶欲しいものがないけれど、何か買いたいという欲求に困っている人がスッキリするための方法

欲しいものがないけれど買いたいという気持ちを満足させる方法

欲しいものがないけれど買いたいという気持ちが湧き上がる理由は先に記載したようなことが関係しています。モヤモヤするのならその欲求を満足させたいですよね!でも妥協はしたくないから、なかなかいいと思っても手を出さないのだと思います。

今は欲しいものがあってどんどん買う時代ではありません。バブル期のような消費傾向は何十年たっても、景気が少し上向いても起こっていません。多くの人が節約もしくは本当に必要なものだけを買う時代になってきています。また、人と同じでは嫌という若者文化も大いに関係するのかもしれません。もちろん、有名人が使っているものやSNSで拡散されて有名になるものなどは売り切れるということもありますが、昔ほどではないように思われます。

消費者たちのモノに対する目も厳しくなってきたと言えます。

何かを買いたいという思いを満足させるためには、自分らしい、自分に合ったものを知ることも一つの方法だと思います。

トレンドのものや話題になっているものではなく、あなたが持つからより似合うもの、あなたを輝かせるものが何か理解しておくのです。わかっていれば、このワンピースに合わせて今度はカーディガンを買おうとか、トレンドはシャーベットカラーだけれど、あまり似合う色ではないから、小物に取り入れてみようとか、自分らしくアレンジして購入するものを決めていくことができます。

こうすることで、無駄もなく、さらに人と同じではないあなたらしいファッションも楽しむことができるのです。

まとめ

欲しいものがないけれど買いたいものがないと感じているのなら、自分に本当に必要なもの、あなたならではのものがなんなのか知っておくといいでしょう。

ただ、似合うとかでは人と同じになるかもしれないし、それだけの理由ならわざわざ購入までいたらないかもしれません。

でもあなたの魅力を引き出すもの、あなたらしさを表現できるものを知っていれば、トレンド商品だって皆と同じ視点では買わず、自分らしく取り入れることができますし、使い勝手がいいもの、着回しがきくものであれば欲しいものになり、無駄使いとも感じず、購買意欲も満たされます。

是非あなたらしさを引き出すアイテムを上手に買い足していってください。

自分らしく装いたい方へ

あなたらしいデザイン、素材までわかるメニュー

自分の見た目も内面も統一したい、なんだか似合うものに違和感を感じる方へ

パーソナルアイデンティティ構築講座

関連記事

PAGE TOP