緊急事態宣言解除になったけれど、なんだか外出する気になれない方の気持ちを明るくするアイデア

緊急事態宣言解除によって日常が戻りつつある中、なかなか気持ちが戻らない、、、

緊急事態宣言も解除され、在宅勤務の日数も半分になり、外出せざるをえない状況になっている。

学校も始まったし、デパートも開店して、どうにかウィズコロナ生活に慣れていかなければいけないようだ。

でも解除されてから感染者数もやはり増えてきているし、なんとなく怖い。

梅雨の時期も重なって、毎日毎日雨でどんよりした天気をみていると、一気に外出する気が失せる。

周りの人たちは外食などは控えているけれど、仕事にも行かなくてはいけないため、外に出たついでに少しづつ足をのばしているようだ。

国からの要請でと感染拡大を防ぐ意味で皆が外出を控えることも当たり前だったが、こうなってくるといつまでも怖い怖いとも言っていられない。

私も少しずつでも外に出て、日常生活に適応しなければいけないのに、気持ちがのらない。

緊急事態宣言解除の中、外出しはじめてもいいのに気持ちがのらない理由

緊急事態宣言解除によって、ウィズコロナという意識をもちつつ気を付けながら、日常を戻す動きになっています。経済状態や子供たちの学力なども考えると、怖い部分はあるにしろ、皆が気を付けて日常を取り戻す必要があるのかもしれません。

そうは言っても人の気持ちはそれぞれなので、解除になったから即外出という気持ちになれない人もいます。

特にちょうど梅雨時で、ただでさえ鬱陶しい毎日です。そんな中、マスクをして気を張って行動することは疲れます。

梅雨+ウィズコロナで、外出する気がどんどん失せていくのです。

緊急事態宣言解除に伴って少しでも気持ちを明るくする方法

緊急事態宣言解除、まだまだ気は抜けませんが、皆が気を付けながら毎日を過ごしていきたいですね。

そうは言っても日々、感染者数が増えているニュースを見ると、怖い気持ちがぬぐえません。

また、梅雨時は食中毒や熱中症などほかの病気にも気を付けなければいけませんし、このどんよりとした天気の中ウキウキ外出したいとはなかなか思えません。

しかし、仕事にしても学校にしてもどうせ外出しなければいけないのなら、少しでも気持ちを明るくもちたいものです。

オフィス近くの美味しいコーヒーを買うことを楽しみにするもよし、今日のランチを楽しみとするのもよし、人と会って他愛もない会話をすることを楽しむのもよし、なにか楽しいこと嬉しいことをみつけるとよいでしょう。

また雨といえばレイングッズ。傘に長靴、揃えてみると使うことが楽しみになります。

また何より傘はソーシャルディスタンスを保つためにも最適なアイテムです。

最近は人がいないところでは熱中症予防として、マスクを外すこともすすめられています。でもマスクをしていない人を見て、距離が遠くても不快に感じる人もいます。

でも傘があれば距離が保てる上、顔も隠せます。

梅雨時だからこそ使用頻度が高い傘を自分の好きな柄や色、デザインにして外出を楽しんでみませんか?

子供の頃ように新しい傘、お気に入りの傘で外出が楽しみになりますよ。

まとめ

気持ちが沈みがちな季節で、まだコロナの脅威もおさまっていないこの夏。

でも私たちは前を向いて進まなくてはいけません。ちょっとした出来事で明るく楽しい気持ちで毎日を迎えられたらと思います。

いつもは何気なく使う傘。

最近は様々な形状のものもあり、、軽量化されて選択肢もひろがっています。

新品をおろすときのワクワク感、あまり使わないものを使う時の特別感。

大人になると忘れがちですが、自分のお気に入り、自分特有のものであればそんな高揚感を味わえます。

もう少し続くこの状況を楽しく乗り切りましょう。

自分らしい柄、色、形を知ってお気に入りのものを見つけたい方にオススメです。

トータルコーディネートメニュー

関連記事

PAGE TOP