好きなものを好きに着たい、、、なのに着れなくなってしまった方がスッキリする方法

好きなものは抵抗なくいつも着ていた。若いころはおしゃれが大好きで、可愛いものもかっこいいものも色々試して着ていた。特に可愛いデザインが大好きで、自分のトレードマークのようにもなっていた。
でも入社して若い後輩がどんどん増え、30歳を超したころから、今まで好きだったファッションに抵抗を感じるようになってしまった。可愛い格好をしたらなんて言われるだろう、イタイ感じになってしまうかも…
そう思いだしたら着ていいもの、着たいものが全くわからなくなり、気づくといつもブラック中心のシンプルなスタイル。
無難が一番なんだと思っていたけれど、このままずっとこの格好なのかと思ったら、なんで着たいものを着ちゃいけないんだろう、と最近思い始める。
でも本当は好きなだけで似合ってないのかもしれないし、年齢的にも着れないのかもしれないと思うとおしゃれが楽しくなくなってきた…

好きなものが着れなくなってしまった理由

好きなファッション、テイストはなんとなくでも誰もが持っていると思います。
ふんわりしたものよりシャープなものがいいとか、かっこいい雰囲気より女性的な雰囲気が好きなど、ちょっとした好みはあるものです。でもそれがいつの間にか着なくなってしまう、着れなくなってしまったという方も多いのです。
30歳を超えたから、子供を産んだから、会社での立場が上になったからなど様々な理由があるでしょう。
それまで抵抗なく好きなものを好きな時に着ていたのに、だんだん周りの目が気になり、また自分自身も年齢も環境も変わって似合わないのではないか、わざわざ目立つ格好にせず無難にしておくのが誰にも何も言われずに楽と思ってしまい、いつの間にかそういった自分の好みを抑えてしまうようになったのです。今までと同じファッションで年齢とは異なるのは嫌、、年齢を考えてファッションをあわせないと、変な人としてみられてしまうなど、好きだったものを着れなくなっていくのです。

好きなものを好きな時に着るために知っておくべきこと

好きなもの身につけられたら、絶対毎日が楽しくて顔も輝きます。たとえルームウェアだとしても好きな色や形を身につけると楽しくごせるのですから。
でも好きなものが何だったのか忘れてしまっている人もいます。
最近何を着ていいのかわからない、いつも同じものを着ていて何が似合うのかもわからない。
似合うものを知りたいと思ってアプリなどで調べてみたり、実際そういった診断を受ける方もいます。
似合うものがわかれば選ぶものがはっきりわかって、しかも間違いがないので安心しますよね。

でも着たいものと違うこともあるはず。結局は似合うものを知ることに加えて好きなものを再認識することで、それを年齢や環境に合わせてどう着こなしたらいいいのかを知れば、違和感なく好きなものを取り入れることできます。
例えばキュートなものは若い子向けだから自分は着れないではなく、大人の方ならば大人ガーリーにすればいいですし、どこかに一ヵ所取り入れてみるのもいいでしょう。カジュアルなものは職場に合わない、年齢に合わないではなく、やはり大人カジュアルとしてシンプルにきれいめに仕上げていけばいいのです。
取り入れる分量や取り入れ方がわかればいつでも好きなものを好きな時に着ることができます。

まとめ

好きなものを好きに着れたら、心も軽く明るくなります。ガーリーが好きな方は年齢を経ていくことで自分に似合っていないのではないか、もっとシンプルなものがいいのではないか、大人っぽく?それとも清楚に?といろいろ迷走した挙句、どれを着ても好きという思いは以前よりも劣るため、おしゃれすることも楽しくなくなってしまいます。
しかし、ガーリーと一言にいっても、カジュアルもあれば、韓国風もあれば、レトロもあれば大人ガーリーもあります。顔のイメージや年齢、職業にあわせてガーリーをプラスしていけばいいのです。またそのプラス割合でも変化をつけることができます。
若くて何を着ても似合う時期は、それこそ真のガーリーでもいいでしょうし、入社したらガーリーっぽい服装では仕事はできないということなら、メイクやヘアスタイルに取り込んでもいいでしょうし、もっと年齢が上になってガーリーが好きなんて言えない、と思ってしまわれるのであれば、大人ガーリーをどこかデザインの一部に取り入れればいいのです。襟元なのかスカートの形なのか、足元なのか、ちょっと好きなテイストをくわえるだけで気分は上がります。

ファッションで目立つことと、自分の個性や好みを出すことはちょっと違います。目立つことは、時には意に反して、人がしないような格好や奇抜なスタイルをすることも含みますが、自分の個性を活かすことは似合うものに自分の好みを反映させることであり、個性を強調することが人と違う格好をすることではないのです。

どんなテイストであっても自分の状況にあった割合で好きなものを取り入れてみましょう。きっと毎日は楽しくなります。

グレースには似合うだけではなく、お客様の思いや目指すスタイルを探り、トータルにアドバイスするメニューがございます。

パーソナルデザインを作り上げるメニューはこちら

 

 

関連記事

PAGE TOP