ADVIZER BLOG

ディズニー「美女と野獣」ベルの衣装と性格の関係

2017年05月10日

 

こんにちは!



ディズニーランドのダンサーになることが夢だった馬場です。


 

実は2歳から地元のカルチャースクールでダンスをしてました。

 

 

収入が安定しないとか、半年ごとの短期契約なこととか、調べたら「仕事としてどうなの…?」と思ってしまい、断念しましたが。

 

 

ディズニーランドに行くと、パレードやショーを必ず見るんですが、

 

 

着ぐるみのキャラ(言い方。笑)よりプリンセスや、人間のダンサーさんを凝視するタイプです。

 

 



 

そしてダントツで好きなのが、美女と野獣!

 

 

今エマワトソンで実写化されてますよね!!

 

 

エマワトソンも可愛すぎて、鼻息荒くなります!!!

 

 

衣装もすごく可愛いんですが、そこでわたしが気になったのは「色」でした。

 

 

ディズニープリンセスには、テーマカラーがありますよね。

 

 

それが、プリンセスの性格を忠実に表しているんです。

 

 

 

今回はベルの性格と、衣装の色。この関係について、説明しますね。

 

 

 

 

1)野獣と出会う前の青

 

 

 

 

まず、お父さんと暮らしていた頃のベル。アニメの方では、柔らかい素材をイメージしてたんですが、実写化ではデニムになっていましたね。

 

 

どちらにしても、色は「青」

 

 

青って、自由を表す色なんですよ。青い空とか、青い海とか、壮大で広々としたイメージが浮かびますし。

 

 

さらに、ベルの着ているのは明るい青。パーソナルカラーでいうと、サマーとかスプリングが似合う色ですね。

 

 

パーソナルカラー「サマー」の特徴は、上品でエレガント。

 

 

ベルの性格として「自由で知的好奇心が旺盛」というのがポイントですね。

 

 

本屋さんでハシゴにつかまりながら「すぐに読んでしまったわ!」と声を弾ませています。

 

 




 

2)野獣とロマンチックに踊る黄色

 

 

 

 


次に、有名なあのシーンで着ているドレスです。

 

 

 

ベルが少しずつ野獣にこころを開きはじめたとき、

 

 

 

ポット婦人の歌声に合わせて、2人きりの舞踏会が開かれます。

 

 

 

そこで着ているドレスの色は黄色。黄色は知性を表す色です。

 

 

 

そして、こちらも明るい黄色。サマーやスプリングが得意な色ですね。

 

 

このドレスを選んだのって、ベル自身なのか、タンスのおばさんなのか。

 

 

わたしは、きちんと意思を持っているベルのことですから、自分で選んだと思います!

 

 

タンス「ほら!こちらが魅力てきですよ〜オホホ」

 

 

ベル「いいえ、わたしはこちらがいいわ」

 

 

みたいな。笑

 

 

 

 

 

ベルのテーマカラー「自由の青と、知性の黄色。」

 

 

そして、明るさで上品さとエレガントさを演出。

 

 

あなたも、ファッションに取り入れてみては?

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


人間観察マニア&女性のかがやく笑顔が大好物!!の馬場が配信

無料メルマガ《じぶんらしさが見つかるファッションテクニック》

 

 

〜プロフィール〜

5歳のころから周りにどう見られているか?何を期待されているか?

 

を常に考えて生活した結果、人間観察が趣味になりました。

 

そして、ちっちゃなプライドにこだわり続け4年間の心療内科通院を経験。

 

ファッションと出会い、自身の笑顔を取り戻す。

 

販売の仕事にのめり込む中で「じぶんが笑顔でいると、周りも笑顔になる」と気づく。

 

どこまでもひとの笑顔を見ることが大好き。

 

 

そんなわたしが、ファッションを通してじぶんらしさを見つける方法を配信中。

 

 

 

〉〉〉詳細はこちら