ADVIZER BLOG

【3秒で診断】一番簡単なパーソナルカラーの自己診断方法

2017年04月29日

 






こんにちは^^


 

前回の記事で、ネットでできる無料自己診断の落とし穴について説明しました。

(記事はこちら)

 

 

少しおさらいすると、

 

 

パーソナルカラーは、人の肌・目・髪それぞれの色を4つにグルーピングするものですが、

 

 

そもそも人を明確に4つに分けることはできない。

 

 

中間や、イレギュラーが存在するということでした。

 



とは言っても、無料の占いと一緒で「ふーん、こういう分類の仕方があるんだぁ」と知るきっかけにはとてもいいものです。

 

 

なので、今日は一番簡単にできる自己診断の方法を紹介します。

 

 

難しいことは一切なし!の単純な質問を2つしますので、当てはまるほうがあなたのパーソナルカラーです。

 

 

 

一番簡単なパーソナルカラーの自己診断方法

 


質問1

(日焼けをしていないとき)色白と言われたことがある

 

 

ここで「はい」と答えられる人は青みのあるブルーベースの肌です。

 

 

ブルーベースはさらに、サマーとウィンターに分かれるのですが「色白」がキーワードです。

 

 

ここに当てはまらない人はほぼ確実にイエローベースの肌です。

 

 

質問2

寒いところから暖かい部屋に入ると、ほっぺたが赤くなる。チークがいらないくらい。

 

 

2つ目の質問は血色に関するもの。

 

 

血色がいい人=皮膚が薄い人です。

 

 

ここで「はい」と答えられる人は、明るい色が似合う「スプリング」か「サマー」の可能性が高いです。

 

 

 

質問は以上です。

 

 

 

〈結果〉

 

質問1と2両方当てはまる人→サマー

 

質問1と2両方当てはまらない人→オータム

 

質問1のみ当てはまる人→ウィンター

 

質問2のみ当てはまる→スプリング

 

 

 

はい、終わり。


え!?肌の色だけ!?

 

 

パーソナルカラーって、肌・目・髪の色を見るんでしょ?肌の質問だけ?

 

 

と思ったかた、ええそうなんです。

 

 

前回も書きましたが、瞳の色は十人十色で一番混乱する原因だし。

 

 

髪色も、明らかに黒!茶!という人以外は区別が難しい。

 

 

なので、究極に簡単な質問を用意するとしたら、肌質に関するものになります。

 


ちなみにそれぞれのシーズンの特徴や、どんな色が似合うのかは検索すれば山ほどでてくるので。

 

 

そちらをどうぞ。

 

 

では!

 

 

馬場




 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間観察マニア&女性のかがやく笑顔が大好物!!の馬場が配信

無料メルマガ《じぶんらしさが見つかるファッションテクニック》

 

 

〜プロフィール〜

5歳のころから周りにどう見られているか?何を期待されているか?

 

を常に考えて生活した結果、人間観察が趣味になりました。

 

そして、ちっちゃなプライドにこだわり続け4年間の心療内科通院を経験。

 

ファッションと出会い、自身の笑顔を取り戻す。

 

販売の仕事にのめり込む中で「じぶんが笑顔でいると、周りも笑顔になる」と気づく。

 

どこまでもひとの笑顔を見ることが大好き。

 

 

そんなわたしが、ファッションを通してじぶんらしさを見つける方法を配信中。

 

 

 

〉〉〉詳細はこちら