ADVIZER BLOG

イエローベースとブルーベース

2017年03月06日

 


肌色がイエローベースとは?


パーソナルカラーの診断結果は、大きく二つに分かれます。

まず、肌の色がイエローベースかブルーベースか。

イエローベースとは、黄味が入った肌のことです。健康的に見えるのが特徴ですね。

イエローベースの人が似合う色を身につけると、肌のキメが整ってツヤが出ます。また、黒目の色が薄く、極端に茶色い人も多いです。タレントのベッキーもイエローベース。目の中にひまわりが入っているのがチャームポイントですね。あれくらいうす茶の目をしているんですよ。

肌の色から話がそれましたが、イエローベースの人は全身で温かみを感じますね。



肌色がブルーベースとは?


パーソナルカラーの診断結果のもう一つは、肌色がブルーベースということ。

ブルーベースとは、青味が入った肌のことです。日本人は黄色人種だから、みんなイエローベースじゃないの?と思う人もいそうですが、ブルーベースも多いんですよ。特徴としては、とにかく色白。
あとは、黒目がこげ茶や真っ黒という人が多いです。肌って髪の毛は目に比べて、全身に対しての面積が広いので、「全体としてのなんとなくの印象」を決定するのに重要な要素なんです。

それがブルーベースの人は、色白で涼しげなので、クールな落ち着いた印象に見られることになるんです。



イエローベースとブルーベースの見分け方


じゃあ、見分け方は?となるんですが、自分だけ見て判断するのってすごく難しいです。

ネット上ではたくさん、自己診断のツールがありますよね。日焼けしやすいか?とか、目の色はどうか?とか。

あれ、私も実際やったことあるんですけど、「目の色がこげ茶」とか「肌の色は明るめの黄色」とか言われてもわからなくないですか?わからないから教えて欲しいのに。笑

だから、たくさん診断しているプロに診てもらうのが一番なんですが、どうしても自己診断したい。という人は友達同士でやるといいです。

友達じゃなくても、家族とか。とにかく人と比べてみること。一緒に診断できないなら、まずは自分の目の色や肌の色を客観的に見ておいて、さりげなく人のも観察してみる。あ、ここで注意しないといけないのが、目の色を見ることに集中しすぎて会話そっちのけでガン見しないこと。怪しまれちゃいますからね。

肌の色も、目の色も3人以上見比べてみると、違いがわかりますよ。



 馬場

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間観察マニア&女性のかがやく笑顔が大好物!!の馬場が配信

無料メルマガ《じぶんらしさが見つかるファッションテクニック》

 

 

〜プロフィール〜

5歳のころから周りにどう見られているか?何を期待されているか?

 

を常に考えて生活した結果、人間観察が趣味になりました。

 

そして、ちっちゃなプライドにこだわり続け4年間の心療内科通院を経験。

 

ファッションと出会い、自身の笑顔を取り戻す。

 

販売の仕事にのめり込む中で「じぶんが笑顔でいると、周りも笑顔になる」と気づく。

 

どこまでもひとの笑顔を見ることが大好き。

 

そんなわたしが、ファッションを通してじぶんらしさを見つける方法を配信中。

 

 

〉〉〉詳細はこちら

 


 


パーソナルカラー