お家時間を楽しもう!~③あなたに似合うルームウェアは?

自粛生活が長引き、夕方までテレワーク、夜はオンライン飲み会という方も増えています。家で過ごすときあなたは何を着ていますか?

今日はお家時間を楽しもう!の第3弾として、似合うルームウェアのデザインや着こなしをご紹介したいと思います。

第1・2弾はこちら

お家時間を楽しもう①

お家時間を楽しもう②

自粛生活が始まるまでは通勤服を着て、家に戻ったらスウェットという楽な格好で過ごすというパターンが多かったのではないでしょうか?

現況のように外出もままならなくて、他人に会う機会もめっきり少なくなってしまうと、通勤服はもちろん、私服すら着る機会が減ってしまいます。

人は他人と会話をしたり、接する機会がないと理由もなく気持ちが沈み、ストレスが溜まっていきます。ちょっとしたやりとりや友達との会話がどれほど大切だったか身に沁みます。

だから、一人暮らしの方はもちろん家族がいてもオンライン飲み会なるものが成立するのです。

さて、オンライン飲み会。お風呂に入ってメイクも落として家で気楽に構えていられて、寝たい時にいつでも寝れるというとてもラフで楽しいものですが、直接会わないにしても画像は映ります。仲がいいお友達となさる方が多いでしょうが、せっかくなら自分に似合うルームウェアを着てみんなに会いませんか?

オンラインでつながらなくても自分に似合うルームウェアを着るだけでもお家で過ごす時間が楽しくなります。

色によって雰囲気を変えたり肌を美しく見せたりできることをご存じの方も多いと思いますが、スタイルをよく見せるためには自分の骨格にあったデザイン・素材を選ぶことが必要です。

いくら色が似合っていても、デザインや素材が合わないと野暮ったく見えたり、膨張して見えたり、痩せすぎて見えたりしてしまいます。

骨格には下の3タイプがあります。

  1. ストレート(トップボリューム):上半身にボリュームがある
  2. ウェーブ(ボトムボリューム):下半身にボリュームがある
  3. ナチュラル(ビッグボーン):関節が目立つ

それぞれのタイプに似合うデザイン・素材・柄などあり、それが似合う理由があります。

ここでは簡単に似合うポイントとその理由をお伝えします。

  1. ハリのある素材・胸元に開きがあるもの:肉感がある方が多いのでハリのある素材でその肉感を目立たなくする、首が短いので開きがあるものが似合う
  2. 柔らかい素材・胸元が開きすぎないもの:下に向かってなだらかにカーブを描くので体のラインにそったものがきれいに見える、鎖骨から下がまっすぐなので、開きすぎていないものが貧弱に見えない
  3. ざっくりした素材・関節を隠すもの:関節が他の人より目立つため、ざっくり素材またはオーバーサイズで着こなすのが似合う

このポイントをふまえて、次の写真をご覧ください。

 

1:ストレート(トップボリューム)

2:ウェーブ(ボトムボリューム)

3:ナチュラル(ビッグボーン)

3パターンとも同じ色合いで、特に1と2はボトムは特に変わっていません。

しかし、1は2と同じものでありながら、上にシャツを羽織ることで上半身や上腕の肉感を隠すことができています。

2は柔らかいものを羽織ることで胸元を隠しつつ、体のラインは見せています。

3は大き目のTシャツで鎖骨や肩に現れる骨っぽさをカバーしています。

ルームウェアのメリットは着やすさと動きやすさ、くつろぎ感です。デメリットは種類もさほどなく、デザインが大きく異なるものもないことです。他の人と似たような感じもしくは同じものを着ている可能性もあります。

そんな時にこのポイントを押さえておけば、あなたのスタイルに合ったあなたらしいルームウェアが完成。お手持ちのものにプラスワンもできます。

まだまだ続くお家時間。楽しい時間を増やすため、身近なことからチャレンジしてみましょう。

 

骨格がわからない人はこちらも参考になります。

骨格診断について

今後詳しく骨格を知りたい方へ

骨格診断

関連記事

PAGE TOP