みんなと一緒が嫌に感じるなら、あなたらしさの表現方法を見直してみましょう

みんなと一緒が安心だから、仲良くなれそうだから、なじみたいから。そんな理由で周囲と合わせなくちゃ。そう思ったことはありませんか?

 

 

いま話題の、いま人気の、そんな見出しがあるとついつい目がいってしまう。朝は時計がわりにつけているTVから、ニュースも情報番組もチェックしている。最新の話題が出たときについていきたいし、話をする時に沈黙が怖いからだ。

仕事では在宅が多くなった人もいるけれど、私を含め半分以上は変わらず出社している。今まで通り毎日顔を合わせているし、お昼は使用人数の制限はあるものの、何人かと一緒に休憩室でとっている。相槌をうって笑っているだけのことも多いけれど、話題を知っていたらほっとする。昔の職場で話についていけなかった時そんなことも知らないの?と言われてそれから輪に入れない。そんなことが多くて嫌な思いをしたからつい気にしてしまう。元々無口で人の話を聞くほうが好きだからしゃべらないかわりに笑顔でいよう、と思っているからか人付き合いはそこそこ上手くできるけれどたまに人で嫌な事があると引きずってしまう。

みんなと一緒なら大丈夫と思っているけれど、大人しくて反応の薄い人と思われていると感じることがある。あからさまな態度をとられると落ち込むし、何がいけなかったのか考えてしまう。こんなに気にしているのに。

みんなと一緒は嫌だけど、一緒にしている理由

出る杭は打たれる、そんなことわざがあるように一緒にすれば上手くいくのは間違いではないでしょう。和を大切にすることは、周囲を大切に思っていることでもあるからです。でも嫌われたくないという気持ちから周囲と合わせて一緒にしていると、どこかで自分に引け目を感じてしまい伝わってしまうこともありつけ込む人がいるのかもしれません。

みんなと一緒もよいのですが、あまりこだわり過ぎるとあなたらしさは周囲の人から見てわかりにくくなり、どう接して良いのか困らせていることもあるのではないでしょうか。

だから他人から見たらあなたの人となりがわかりにくくて、そんなつもりはなくても遠慮がちに接していることがあなたからしたら疎外感を覚えてしまう場合はあります。

みんなと一緒にしてよいところ

みんなと一緒にするメリットは十分にわかっているあなただから、今まで培ってきた情報収集力を発揮する時かもしれません。共通することがある人とは共感を得られやすいですよね。例えば趣味、子育て、仕事など同じ環境にいる人とはもうそれだけで分かり合える部分があります。

そんな人達に対しては、あなたも楽しいことならきっと相手も楽しいことになることでしょう。目新しくなくてもいいので自信を持って話題を振ってみて下さい。みんな知っていることは盛り上がりやすいので、会話が弾み和ができあがります。

みんなと一緒にしなくてよいところ

あなたらしさをわかりやすくすることで、周囲の人はあなたを理解しやすくなります。みんなと全く同じ人はいません。違っていて当たり前なのです。だからあなたはこんな人、と伝えたほうが知ってもらえて気を遣わずにいられるから楽になります。

積極的な人は自分を前に押し出せますが、消極的な人は無理に押しだそうとするとするとそれだけでストレスになるかもしれません。そんな時は、わかってもらえるまで待つよりも見た目で表現したほうが早いですし、無理をしなくて済みます。

まずは見た目からあなたらしさを出しましょう

あなたという人をわかりやすくする為に、あなたの魅力や持ち味が見た目から内面を伝わりやすくするとよいでしょう。

例えば大人しい人のイメージは、清楚・上品・落ち着き・癒し・安心などといった言葉が浮かびます。あなたがなりたいイメージを言葉で探して見てください。そして、その言葉に合うスタイリングを心がけてください。更に、そこへあなたの魅力を引き出す「似合う」を取り入れると、似合うことで印象はアップします。

第一印象はほんの数秒で決まると言われています。そしてその印象を変えるのには半年以上かかります。それなら最初からあなたの魅力を発揮する見た目にすれば、人となりが伝わります。

似合うを取り入れてあなたらしい見た目で周囲と和を作って、自信を持ってみんなと一緒を楽しく過ごしましょう!

 

あなたらしさを作るおすすめメニューはこちら↓

パーソナルアイデンティティ構築講座

 

あなたらしさをトータルでサポートメニューはこちら↓

PIパーフェクトコース

ホットペッパービューティーで掲載中!クーポンあり↓

ホットペッパービューティーのページはこちらから

※表参道サロンのページですが、名古屋サロンでもご利用いただけます。名古屋サロンで使用の場合、増田指名でお願いいたします。

関連記事

PAGE TOP