withコロナ、マスクもファッションアイテムの一つです

最初はうっかり忘れそうになったり、肌荒れも久しぶりに経験したり、ちょっと面倒な存在だったマスク。
今ではマスクをして外出が当たり前になった。

使い捨ても普通に買えるようになったけれど、人込みに行く時以外は洗えるタイプをよくつけている。息苦しさが少ないし、肌も不織布に比べてべたつきが少ないからだ。

人込みは感染が怖い。実際クラスターが起きている場所ではマスクをしていない人の率が高いそうだ。
正直なところ、自分だけは大丈夫ってどこかで思ってしまうこともあるけれど、ただの思い込みなのもわかっているつもりだ。

まだ治療薬もワクチンもない今、かかってしまったらしょうがないけれどしっかり防御はしておきたいと思う。できれば感染したくない。マスクをするだけでかなり違うのなら、なおさらだ。

残念なことは、気に入った恰好をしてもマスクで気分が少し下がってしまう事。気にしなければいいのだろうけど、それが日常的に続くとすっきりしない。

withコロナ、マスクをファッションアイテムに新しく加えて

withコロナの生活には手洗い、消毒、マスクが欠かせません。その中でもマスクは外出時は必ず身に付けます。
コロナ禍も始まったころはまだ寒くそれほど気にならなかったかもしれませんが、季節も夏に変わりこれから本格的な暑さが始まります。不織布マスクは熱中症の恐れもあるそうなので、洗えるタイプと使い分けがおすすめです。
どうせ身に付けないと出かけられないのならば、コーディネートへ組み込んでしまうと楽しめるのではないでしょうか。

洋装も和装もそれぞれコーディネートの基本的なルールがあります。
洋服では近年わざと崩す着方もありますが、まずは基本を押さえておけば間違いないでしょう。
マスクの場合、小物の一つとして考えれば、合わせやすくなります。

見出し2マスクをファッションアイテムで使うなら必須な3パターン

コーディネートしやすい色を持つ

洋服でも、モノトーンは大体の方が何かしらお持ちです。白・黒・グレーは無彩色という色味がない色のため、どんな色や柄をもってきても合います。

マスクも同じです。この3色のうち、どれかがあると使いやすいです。

 

無地や服でも着やすい色を持つ

ベージュ・カーキ・ブラウン・ネイビーなども合わせやすい為、お持ちの方が多い定番色です。

その為、やや地味になる場合もあります。もし寂しいとか味気ないと思ったら、素材をレースなど華やかなものを選ばれたり、ワンポイントが付いていたりするとかなり違います。ご自身で手を加えてもよいでしょう。

 

柄物を持ってみる

無地のお洋服に柄物を小物でプラスすると、アクセントになります。柄物が苦手な方も、面積が小さいので小物は取り入れやすいのではないでしょうか。ぜひ、マスクで取り入れてみることをおすすめします。

スカーフやバンダナ、ストールと同じ感覚で選ぶとよいでしょう。海外では、スカーフをマスク代わりに結ぶおしゃれもみかけます。
また、大判のバンダナやハンカチーフと髪ゴムで即席マスクにもなりますので、お手持ちで柄物を試してみてもよいでしょう。

 

マスクをファッションアイテムで使う時のコーディネートポイント

一番メインの服に合わせる

当たり前のことと思われるかもしれませんが、メインの服と合わせれば全身を見たときに馴染みやすいです。また、例えば色物や柄物の服を選んだときにもすっきりとまとまります。

 

無地、柄物、色の組み合わせ

服が柄物ならマスクは無地、服が無地ならマスクは色を気にする、などごちゃっとした感じを避けることです。ボーダーのお洋服にチェックのマスク、など柄の大きさや色あいまで気にしないといけない組み合わせを避けたほうがよいでしょう。

またお顔にのせるアイテムな為、お肌のベースカラーに合わせて選ばれると、デコルテやマスクからみえる部分がキレイに映えます。

必須アイテムだからこそ、サッと選んで身に付けられるほうが毎日楽しめるからです。コーディネートの優先順位でいったら低い方のアイテムなので、煩わされないに越したことはありません。

マスクをファッションアイテムにする、コロナ後の世界

去年の今頃はきっともうすぐ始まる長期連休を心待ちにしたり、帰省の準備をしたり、多くの人が夏を満喫しようとしていたことだと思います。誰も現状を想像もしていなかったことでしょう。

元に戻ることはないかもしれません。元に戻ることより、この先どうするか。どうせなら毎日楽しみながら前へ進んでいきたいものです。

何はあっても毎日着る服から力を貰い、予防アイテムのマスクも楽しんで過ごせたらいいですよね。

関連記事

PAGE TOP