就職の際、会社選びに迷ってしまい、見極める方法がわからない方へ

就職を考え始める時期になったのに、自分に合う会社なのか見極めきれない。

コロナによって、一つ上の先輩たちは苦戦を強いられている。

説明会も面接も延期で、行われるのはオンラインのみ。前例がないため、先輩たちも焦っているようだ。

次は自分たちの番なのに、大丈夫だろうか?

インターンシップもなくなりそうだし、オンラインで説明会となってもやはり肌で感じないと会社の雰囲気や社員さんの様子などもわからないため、その会社が自分に合うのかどうかわからない。

HPやパンフレットではいいところしか書かれていないだろうし、今はOBOG訪問も難しいし、どうやったら自分に合う会社かどうか見極められるのだろう。

就職するにあたって、自分に合う会社を見極められない理由

就職活動に関しては、今年来年は厳しい状況になります。

採用を見直し、中断したり、先送りにする企業も出ています。せっかくインターンシップに参加したのに、専門スクールに通ったのにと悔しい思いをされている就活生も多いことでしょう。

来年度の就活生に関しては、そういったインターンシップさえなくなり、実際に企業を訪問したり、話を聞いたりすることが今年よりももっと少ない、もしくはなくなってしまうかもしれません。

ただでさえ会社に関しての知識が少ない就活生たちが、そんな状況でその企業が自分に合っているのか見極めるは難しいと言わざる負えません。

就職先を決める際にこれから最も必要なこと

就職先を見つけるにあたり、自分にとっての良い企業は他人と全て同じではなく、HPやパンフレットでは決められないものです。世間の評価がよくても自分には合わないこともあり、合わないのに就職してしまうと苦しい思いをすることになります。

そのため自分に合ってる企業を見つけることは就職活動をする上で重視すべきことでした。

特に企業のコンセプトや風土と自分の価値観が合っていることはとても大切で、それを知るためにインターンシップや会社説明会に参加したり、OBOGに話を聞いたりすることは必要とされていました。

直接会うことが難しくなってきた今の時代、やれることはHPや会社広告を読み込むことだけになってしまいます。

ただ、それだけでは就活生側も企業に関して前のように知ることはできないため、他にできることとして企業側に自分の個性・価値観を知ってもらうことがより必要になります。

直接の面接の機会が減ってWEB面接が主流になり、画面を通して「あなたらしさ」をしっかり伝えることが大切になってきます。

考え方や今まで行ってきたこと、他人からの評価など長所短所含めてあなたらしさをしっかり伝えなければいけません。そうすることで、合っていれば企業側から「ほしい」と思ってもらえます。ただでさえ伝わりにくいWEB面接でよく見せようと演技してしまうと、合わないと思われるか間違って雇用されてしまい就職してから困ることになります。

本来の「あなたらしさ」をしっかり伝えることがこれから最も必要なことになるのです。

まとめ

就職活動において面接が行われるのは、企業側からしてみれば仕事がしっかりできる人、仲間と上手くやっていける人なのかを見極めたいからです。企業ごとにそれらの点は異なるので、そういった相性を見るためなのです。誰が聞いても高評価な人材でも、逆にもったいないと思われ落とされてしまうことがあります。自分が演技をしたことで第一希望に落ちてしまうのはとても残念です。

「あなたらしさ」をしっかり伝えて受かれば、就職してからも安泰です。しっかり伝えたうえで落ちてしまってたとしても、それは合っていなかったからだとまた前向きに進むこともできます。

「あなたらしさ」を自分で理解し、相手に伝えることがこれからますます重要になるので、自分の個性・価値観をはっきりさせて就職活動に臨みましょう。

WEB面接に関するコラム

好印象を残す面接においてのコラム

「あなたらしさ」を見つけたい、確認したい方におすすめです。

PI構築講座

外見もあなたらしくしたい方へ

グレースおすすめコースメニュー

関連記事

PAGE TOP