テレワークで疲れ果ててしまった人が上手に家庭と仕事を両立する方法

テレワークはやむを得ないけれど、手のかかる子供がいて、勤務時間は変わらずで、疲れ果ててしまった

コロナ禍のさなか、在宅勤務になった。

まだ手のかかる子供たちは学校にも保育園にも行けず、結局私が世話をしながら、家で仕事をすることに。

家の中で仕事をやっていると子供たちの泣く声が、、、ケンカしているようだ。とりあえずなだめてまた仕事。

オンライン会議中もビデオをつけておいたのに、私を探しにくる。家の中に私がいるといつもなら自分でやってくれることも甘えてしまうようだ。

子供の様子を見ながら仕事ができる場所があればいいのに、と探して見つけたのが自宅前の駐車した車の中。一応子供の様子を見ながら、仕事にも若干集中できる。

でもこれからもっと暑くなったらここも無理だろう。

私にとっては会社で仕事ができるのはありがたかった。

 

テレワークになって時間が経過しても負担が大きい理由

テレワークになってから3か月以上が過ぎようとしています。

緊急事態宣言も解除され、学校が再開したり、県をまたいでの移動も可能になったりと、少しづつ日常が戻ってきてはいます。

しかし、これを機にテレワーク導入を考え始めた企業は多いようです。すでに導入に成功していたところもあれば、まだまだ問題を抱えているところもあります。

では社員としてはどうでしょうか?

テレワークになって、出勤に時間を取られなくてよくなった、家族と一緒に食事をとることが当たり前になってきたなどプラスに取る人もいます。

逆に仕事をしながら三度の食事を気にしなくてはいけない、子供に話しかけられればそちらを優先してしまって仕事が終わらないなど、負担が増えた人も多いでしょう。

今までの日本の働き方では会社という入れ物の中で仕事をすることで、社員としての認識を持ったり、社員同士のつながりを深めたりすることができ、そうすることが当たり前のことと捉えられてきました。そのため、急に家でパソコンを使って仕事をすること、会議をすることにはなかなか慣れることができません。それでも期間限定だから我慢できた人もいるでしょう。これからいつまでどの状態が続くのかわからないとなれば不安に感じる人もいるでしょう。

そして日本の住宅事情もテレワークにおける負担の一因を背負っている気がします。

特に都心であれば、マンション暮らしの人も多く、昼間は家族全員が所属している場所にいて、夜になれば集まる程度だったので、リビングや寝室があればよかったのに、テレワークが導入されるとどうしてもオフィスに代わる部屋が必要になってきます。

リビングを占領して仕事をしてしまうと、他の家族はくつろぐことはできません。特に母親が家で仕事をしている場合子供たちにとっては母親なので、つい頼ってしまうのです。

そういった問題が解決しないため、いくらテレワークのやり方になれても負担は減らないのです。

テレワークだってもちろん仕事、そのことを家族に理解してもらう方法

テレワークだってもちろんれっきとした仕事です。場所が家になっただけのこと。

でもそれを小さい子供たちがきちんと理解できるかは難しいです。

今までは外で仕事をして帰ってきてからはお母さんとして切り替えて接していたので、家族全員が家をくつろぐ場所と認識していました。

でも家にいれば仕事をしていてもいつでもお母さんなのです。そして負担はお母さんにかかってきてしまいます。

ご主人と共同で家事と育児を分担できれば一番いいのかもしれません。でも子供が母親よりだったり、ご主人は通常出勤だったりと家族によって事情は違います。

一つ部屋をつぶしてオフィス仕様にするのも手段の一つです。小さい部屋でも、押し入れでもいいのです。仕事部屋が確保できると少しは仕事がやりやすくなります。

もっと手っ取り早いのは洋服をいつも通り仕事モードにすることです。

家にいるし、今日はオンライン会議もないからと、すっぴんで部屋着のままだと、子供たちもいつものお母さんだと思って色々話しかけたり頼ったりしてしまいます。

でもいつも仕事に向かっていた時のようにメイクをして仕事服に着替えれば子供もお母さんは仕事をしているのだと、視覚から理解できます。

着替えたりメイクしたりと少々面倒に感じるかもしれませんが、心の負担はきっと軽くなります。

スーツほどかっちりしなくていいのです。オフィスカジュアル程度でいいので取り入れてみてください。

まとめ

テレワークによって女性の負担は増えてしまいました。

我が子のこと、家族のことと思って、弱音も吐かずしょうがないと頑張っている方も多いと思います。

まだいつまで続くかわからないこの状況です。

少しでも快適に過ごせるよう、色々な方法を試して自分の家庭にあったやり方を見つけてください。

普段はスーツばかりだったから、これを機会に会社でも利用できて自分にあうオフィスカジュアルを知りたい、試してみたい方は是非ご相談下さい。

せっかくなので頑張ったご褒美にあなたのファッションもかえてみませんか?

あなたらしいスタイル、パーソナルデザインを創るメニューをそろえています。

自分らしいスタイルを見つけるメニュー

 

関連記事

PAGE TOP