パーソナルデザインに込められた本当の意味

パーソナルデザインって何?

パーソナルデザインというワードを最近よく目にする。カラー診断や骨格診断とはちょっと違うみたいだ。

雑誌でよく特集が組まれるのはカラー診断や骨格診断。星座や血液型みたいに分類してくれるから自分がどういうタイプなのかわかるのかと思い、試したことがある。

パーソナルデザインについては記事を読むと、「顔立ちや骨格、持っている雰囲気などを基にその人に合ったファッションの傾向を分類したもの」「あなたの個性がもっとも引き立つファッションイメージ」などど書かれている。

自分のカラー、骨格のタイプに顔のイメージも加えたものということだろうか?それをタイプ別に分けているのかな?

自分がどのタイプかわかれば、自分のパーソナルデザインができあがるのかな?

パーソナルデザインって分類できる?

カラー診断や骨格診断が雑誌などでも多く取り上げられ、自己診断したり、そういう診断をしてくれるところに行って自分のファッションやスタイルを素敵に見せようと思う方が増えてきました。

今まで迷っていた洋服やメイクの色、形なども診断で似合うものがはっきり分かったことで、買い物に迷いがなくなり、ひいては断捨離にもつながり、友達とも「私は~タイプなの」と会話がはずむこともあります。

でも診断結果にすべての人が納得するわけではなく、今まで自分が好きだったテイストを使えなくなったり、似合うと言われた色に執着してしまい、買いたい洋服に似合う色がないと落胆してしまう人もいらっしゃるでしょう。

その悩みを解決するために、カラー+骨格+顔立ち+雰囲気で考えれば、納得がいくファッションにでき、それがパーソナルデザインだと書かれていることが多いかと思います。

また性格がサバサバしているとか、物腰が柔らかく見えるとかタイプ別にわけて様々な名称がついていたりします。

果たして、パーソナルデザインは分類できるのでしょうか?

結局そうやって分類してしまうと、このタイプと言われたけれど、なんだかしっくりこない、また違う診断受けらたいいのだろうかと、診断迷子になってしまう方が出てくると思います。

パーソナルデザインに導かれる本来の自分

パーソナルデザインについて私たちのサロンでは分類して示すものとはとらえていません。

たしかにカラーや骨格については診断し、タイプをお伝えします。

いらっしゃる方の中には自分の好きなものと違うとか、なりたい姿と違っているとか悩まれる方もいらっしゃいます。

そこで私たちはパーソナルアイデンティティなるものをカウンセリングによって引き出します。

他愛もない会話や質問に答えてもらうことから、その方の本来の性格、またこれまでの経験に基づく考え方、未来に向けた思いなど一緒に確認していきます。そうして、それまでの診断結果と重ね合わせて、「私はこういう考えの持ち主で、未来に向けてこうしていきたい。結果こうなりたい」というなりたい姿をご自身で再確認し、納得してもらうようにしています。

こうしてできあがったのが、本来のパーソナルデザインで、その人だけのものなのです。

一人一人のこれまでの環境、考え方が違うのですから、ひとくくりに「こんなタイプの性格ですね」とお伝えするのは難しいと思います。また、考え方や行動はオンオフで変わることがあります。そういったことも理解して、どう振舞うのか、どうファッションに生かすのか、自分らしい、自分だけのスタイルを確立したパーソナルデザインこそが本来の自分に導くのです。

パーソナルデザインとは

パーソナルデザインは分類できないと私たちは考えています。

お一人お一人の外見、特徴、個性、行動、考え方など全て含めたものがパーソナルデザインなので、それを完成させるためにはカラー診断、骨格診断、顔タイプ診断など、見た目ももちろん、内面を深く理解して本来の姿、なりたい姿を掛け合わせていく必要があります。

私たちのサロンでは、時間をかけてお一人お一人に向き合うことを大切にしています。

自己診断できるものもあるでしょう。

でもパーソナルデザインを完成させるには他人からの印象を知ることも大事です。

他人からどう見えているのか、自分は本当はどうなりたいのかを知ってあなただけのパーソナルデザインを構築させましょう。

モヤモヤのない、はっきりとした自分自身がみえて、毎日を楽しく過ごしていけます。

当サロンのおすすめメニューはこちら

PIパーフェクトメニュー

パーソナルアイデンティティに関してはこちら

パーソナルアイデンティティ構築講座

 

関連記事

PAGE TOP