新年を迎えて、挨拶まわりや新年会など外出する機会が意外と多い。日差しは暖かでも、外を歩くと北風が冷たい。これからもっと寒くなっていくから、外に出るのがおっくうだ。

こんな時は三首温めるといいと聞くけれど、確かに首元にストールやマフラーがあると隙間風が入らなくていい。

だから毎朝どれだけばたばたしていても、必ず巻いて出かけるようにしている。一度忘れた日に風邪をひいてしまった位、私の冬の必須アイテムだ。

それに防寒対策だけじゃなくて、柄や色の違う巻物へ変えるだけで同じアウターでも違って見える。

アウターって、どうしても合わせやすい無難なものを選んでしまうから、小物は重要だと思う。

毎年一枚は新しいものをつい買ってしまうけれど、よく使うのはいつも数枚だ。もったいないから時々引っ張り出してはみるものの、やっぱりしっくりこなくて何か違う。

巻き方が悪いのかと思って雑誌やインターネットで調べて試してみるものの、同じはずなのに何だか違う。そんな日は、電車の窓に映る自分の姿がいまいちパッとしない。気のせいか顔もくすんで見えるような気がする。

巻き方が悪いのか、実は似合ってないのか、よくわからなくなる。ストール好きなのに。

ストールを巻いてもパッとしない理由

寒い時に一枚持っていると何かと役立つストール。大判のものだと室内でも寒さ対策ができてとても便利です。

ストールもマフラーもただ巻くだけのはずなのに、思うようにいかなかったり、合わせられなかったりすることあります。

例えば、なんだか首元がもたついてしまったり、髪とのバランスが悪かったり、ゆっくり巻く時間もなくてクルッと巻いて済ませたり。

女性は男性と比較してイメージすることが得意です。

コーディネートを頭の中で考えて、クローゼットから必要なアイテムを取り出すことが出来ます。

それでも、自分を客観視できている人はとても少ないのです。だから思っていたのと違う、パッとしないということが起こるのです。

 

ストールを使ってパッと映えて見せるコツ

きっとその日のコーディネートに合わせてストールを選ばれていることでしょう。

アウターの襟元も気にしてストールを選ぶようにすると、首元~胸元までバランスよく見せることが出来ます。

例えばノーカラーのコートなら襟元がもたつかないので、色んな巻き方や素材が楽しめます。

逆に首元にディティールがある場合は、カシミヤなどの薄手の素材でミニマルに巻くとすっきりします。

柄もポイントです。どんな感じに見せたいのかで選ぶことも出来ます。

巻き方もフロントノット、ミラノ巻き、スヌード巻きなど様々です。何回かの練習でさっと巻けるようになるのです。

他にもピンやコサージュ、飾り付きの髪ゴムを使ってもよいでしょう。

またお顔周りに近いアイテムなので、肌映りのいい色を合わせると、血色よく見えたり、肌が美しく見えたりします。

選ぶ色も似合うタイプにするだけで、パッと映えるのです。

こんなことができるようになります

  • 巻き方のバリエーションが増えます。
  • 首元のファッションをより楽しむことが出来ます。
  • 似合うストールのタイプがわかります。
  • 体形カバーをすることが出来ます。
  • ストールを取り入れたコーディネートのポイントがわかります。
  • お顔周りを華やかにする色がわかります。

こんな方におすすめです

  • 似合うストールが知りたい
  • いつも同じ巻き方でマンネリ化している
  • 巻き方のアレンジを知りたい
  • 顔映えさせたい
  • ストールを巻くと首が無いように見えるから使えない
  • ストールを巻くとなんだか古臭くみえる

全体の流れ

【所要時間:約90分】

  1. 自己紹介
  2. ベースカラーについて
  3. ベースカラー診断
  4. タイプ別の似合うストール  
  5. ストールの巻き方の種類  
  6. ストールを使ったコーディネートのポイント     
  7. アンケート    

※スケジュールは、多少前後する可能性があります。

※きれい塾についてはこちら

 

参加について

【表参道サロン】

2020年1月26日(日) 10時~11時半 定員6名

【名古屋サロン】

2020年1月24日(金)     10時〜11時半 定員6名

受講料、持ち物

持ち物:筆記用具 *お持ちでなくても、お貸しできます*

参加費:4,400円

ご予約:こちらのフォームからご予約ください。

きれい塾お申込み

 

是非自分に似合うストールのタイプ、そして様々な巻き方を知ってこの冬、そして春先も活用しましょう!

PAGE TOP